高グラフィック&ガチを求めるならPC一択

ゲームをやる上で大切な選定となるのがゲームハードです。現在最も普及しているゲームハードはやっぱりPS4ですが、よりリアルな高グラフィックやガチを求めるのであればゲーミングPC一択というのが本音。

PS4もPS3と比べると性能自体は大幅にアップしていますが、細かい設定ができるのは断然パソコンとなります。フレームレートもパソコン性能によりますが、PS4以上のフレームレートを出して維持も可能。特にアクションの激しいFPSゲームなどはパソコンでやった方がヌルヌルプレイを感じることができると思います。

ただしPCでゲームを行う場合はそれなりの高いスペックをもったパソコンでないとまったく動きません。ここがPCゲームをやる上でのネックとなります。PS4が3万円代で購入することができますが、PCでは快適プレイをするためには10万円〜20万円程度は投資しないと最新ゲームタイトルを快適にプレイできないことが多くなってきました。

ただ、パソコンはゲーム以外にも活用用途があるので多少、大きな投資をしても満足できる買い物になることは間違いありません。

そしてPS4に比べるとゲーム価格がすぐに安くなったりする傾向があります。これはゲーマーとしては嬉しい限り。私はSteamを利用していますが、たまに90%OFFになったりなどハードディスクの肥やしになるようなキャンペーンを行ってくれています。

カジュアルに気軽にゲームをやるならPS4

PCゲーマーほどゲームに熱を入れるつもりがないといった方はやっぱりPS4一択ではないでしょうか。任天堂のWiiU、マイクロソフトのXboxなどもありますが、ゲームタイトルが子供向きであったり、ハード本体の保持者が少ないといった問題もあります。

そしてゲームでオンライン対戦をやる場合、多くのタイトルでは同じハード間でのオンライン対戦となるため、ハード保持者が多い物を買わないとすぐにオンラインが過疎になりやすいです。

PS4であれば世界的に見ても最も普及しているゲームハードですし、安定して60fpsで快適なゲームプレイができます。

しかし、PS4のネックとなるのがオンラインをする場合はPSプラスといったサービスに申込みをする必要があります。これはネット対戦をする上で必要不可欠なサービスになります。月500円程度ですが、これを渋る場合はPCでゲームをやる方が良いでしょう。

PCとPS4の違いは操作方法にもあり!

基本的にPCでゲームをやる場合はマウスとキーボードを使って操作をします。コントローラー(ゲームパッド)を使うことも可能ですが、マウス&キーボードに慣れるとパッド操作は難しく感じる場合もあります。同時に細かい視点移動やAIMをするゲームではマウス&キーボードの方が有利と言われています。

変わってPS4では基本的に付属のコントローラーを使ってプレイします。別途、機器を揃えればPS4でもマウス&キーボード操作も可能ですが、チートなんて言われたりしていますね。

MENU

Copyright (C) ゲーマー女子ミキティの恋占い&恋愛コラム All Rights Reserved.